■店長のごあいさつ

 ■お店のメニュー

 ■クーポン券

 ■縮れ毛矯正・ストレートパーマ

 ■着付け

 ■こぼれ話

  >>ボディーの手入れのお話1

  >>ボディーの手入れのお話2

  >>ボディーの手入れのお話3

  >>ボディーの手入れのお話4

  >>ボディーの手入れのお話5

  >>ボディーの手入れのお話6

  >>シャンプーの話1〜8

  >>お肌の手入れのお話1〜8

  >>ゆかたのお話1〜8



































ボディーの手入れのお話 2

私はお風呂やサウナ、温泉が大好きです。

お湯には入浴剤をこころ持ち多目に入れます。

お風呂場には3分の砂時計を置いています。

銭湯へ行く時の七つ道具を入れたかごにも3分計が入っています。

まず、かかり湯をしたら5〜6分間温まります。

お湯に浸かる時は手か足の一部分をお湯から出しています。

こうすると湯当りやのぼせを防ぐ事ができるのです。

私は手の指先を出しています。

温まったらボディーを洗って、再び湯船につかります。

そして、また5〜6分・・・・・・。

足の裏を刺激する丸いものをバスタブに貼り付けているので

それで浸かっている間足裏を刺激します。

手の指を揉んだり、足の指を広げたり、足の指で「むすんで開いて」を

やったり・・・、できる限り刺激して血行を良くしてやります。

これがお肌ツヤツヤにつながる事間違いなしと信じています。

そしてまた湯船から上がってシャンプー、顔のお手入れと・・・。

最後のつかり湯は少し湯温を上げて静かに入ります。

やはり最低5〜6分

これで大体30分くらいの入浴時間になります。

気分の乗った時は健康たわしで湯船の中でこする時もあります。

また、お風呂から上がる時、足の指先に冷たいお水を少しかけます。

こうすると湯冷めも防げる上に頭もスッキリします。

それでは、また・・・・。

プラスαの美しさ
プラスαの気持ちよさ


を目指して頑張って参ります。

                   店長 梅林千鶴

Copyright(C) 2004 La-shiori.com. All Rights Reserved.