■店長のごあいさつ

 ■お店のメニュー

 ■クーポン券

 ■縮れ毛矯正・ストレートパーマ

 ■着付け

 ■こぼれ話

  >>シャンプーの話1〜8

  >>お肌の手入れのお話1〜8

  >>ボディーの手入れのお話1〜6


  >>ゆかたのお話1

  >>ゆかたのお話2

  >>ゆかたのお話3

  >>ゆかたのお話4

  >>ゆかたのお話5

  >>ゆかたのお話6

  >>ゆかたのお話7

  >>ゆかたのお話8


















ゆかたのお話 1

梅雨が過ぎるとゆかたの季節ですね。

ゆかたの歴史は古いようです。

鎌倉時代以前まで遡ると言われています。

湯浴み(ゆあみ)の時、貴族が用いた「湯帷子(ゆかたびら)」が

語源と言われています。

その後、江戸時代になり天保の改革で、「贅沢禁止令」が

出され、綿の栽培普及と共にゆかたは発展しました。

お風呂上りに素肌に着るゆかたを「浴衣」と書くのですね。

当時、染料も藍だけが町人に許されました。

絞り、板締め、手書き、型染め、注染などいろんな技法で

模様が粋に染め抜かれました。

今では、トロピカルな模様やキャラクター模様など

プリントされるようになりました。

ハワイのムームーやアロハシャツの

ような感覚で着用できる物が増えています。

楽しんで着るものが増えていいですね。

それでは、また・・・・。

プラスαの美しさ
プラスαの気持ちよさ


を目指して頑張って参ります。

                   店長 梅林千鶴

Copyright(C) 2004 La-shiori.com. All Rights Reserved.