■店長のごあいさつ

 ■お店のメニュー

 ■クーポン券

 ■縮れ毛矯正・ストレートパーマ

 ■着付け

 ■こぼれ話

  >>シャンプーの話1〜8

  >>お肌の手入れのお話1〜8

  >>ボディーの手入れのお話1〜6


  >>ゆかたのお話1

  >>ゆかたのお話2

  >>ゆかたのお話3

  >>ゆかたのお話4

  >>ゆかたのお話5

  >>ゆかたのお話6

  >>ゆかたのお話7

  >>ゆかたのお話8
















ゆかたのお話 5

「習うより慣れろ!」といっても最低限の決め事があります。

まず、打ち合わせは左身頃が上にきます。

右身頃が下になる訳です。

そう、右身頃の模様は隠れてしまいます。

裾は足のくるぶしに軽くかかるか、くるぶしが見えるくらいです。

それを合わせれば腰紐を結びます。

この時、ゴム式のウエストベルトを使うと便利です。

骨盤の位置に合わせます。

骨盤の少し上くらいですね。

ヒップハンガーのパンツの位置くらいでしょうか?

丁度おへその上くらいになります。

この位置なら少々強く締めても苦しくありません。

また、着崩れる心配もありません。

次に身ヤツ口(脇の下)から両手を入れておはしょりを整えます。

二枚のおはしょりがキッチリ重なるようにします。

この時襟と襟を持って前を整えますが詰め過ぎず、

開き過ぎずに気をつけて下さい。

詰め過ぎると暑苦しく、開き過ぎるとしどけなく見えます。

衣文(後襟)は多く抜かない方が初々しく見えます。

それからもう一度おはしょりを整えます。

そうしてアンダーバストに腰紐をかけます。

その後、伊達締めをしますがあまりきつく締めない事がコツですね。

この時もクリップ付きの伊達締めを使うと襟崩れも防げて

アンダーバストの紐も必要ありません。

伊達締めを締めたら後は帯だけになります。


それでは、また・・・・。

プラスαの美しさ
プラスαの気持ちよさ


を目指して頑張って参ります。

                   店長 梅林千鶴

Copyright(C) 2004 La-shiori.com. All Rights Reserved.