■店長のごあいさつ

 ■お店のメニュー

 ■クーポン券

 ■縮れ毛矯正・ストレートパーマ

 ■着付け

 ■こぼれ話

  >>シャンプーの話1

  >>シャンプーの話2

  >>シャンプーの話3

  >>シャンプーの話4

  >>シャンプーの話5

  >>シャンプーの話6

  >>シャンプーの話7

  >>シャンプーの話8

  >>お肌の手入れのお話1〜8

  >>ボディーの手入れのお話1〜6

  >>ゆかたのお話1〜8





















           <病 歴>

初診で病院へ行くと「問診表」というのを書き込まなければならない。

いろいろと細かく書き込むのだが、いつも困るのは「病歴」である。

身体が弱くいろんな病気をしてきたので書き込むのに困る。

時として欄が足りなくてどうしようかと思う事がある。

もうひとつ、いつも何を書いていいのかわからなくて「適当」に書いて

出しているものがある。     「既往症」だ。  

「既往症ってなんだろう?」といつも思いながら「特にありません」と

書いて出していたのだがこれが大事な項目だったとは・・・。  

知らなかった。

先日、病院へ行って「体の腫れ、頭痛、吐き気、腹痛」を訴えた。

医者は「そんな症状は心臓か腎臓が悪いのかも知れない。

どうして近くの医者にすぐに行かなかったのか」と私を叱った。

そして「病歴は?」と言うので「昔、弁膜症した事があります。 

腎臓は・・えーっと腎石かな?」

と言ったら「腎石なんか」と医者は言った。 

私は???で何も答えなかった。

すると、「今は?」と怒ったように言うので「今もまだ手は腫れています」

と恐る恐る答えると手を見てから「尿検査をしよう」と言った。

その出来事を知り合いの看護婦に言うと真面目な顔で「お医者さん、

大変やったなぁ」と言うものだから「どうして?」と訊いた。 

看護婦は「あのね、病歴というのは今の症状がいつから始まって

現在どうなのかという事で、今迄した病気の事を既往症って言うのよ」

と、ここで「既往症」が出てきた。

そうしたら今迄の医者は私の問診表を見てきっと驚いた事だろう。

それとも可笑しかっただろうか?  

病歴の欄に書き切れないくらい書き込んで、既往症の欄は

「特にありません」 だなんて・・・

それでは、また・・・・。


プラスαの美しさ
プラスαの気持ちよさ


を目指して頑張って参ります。

                   筆者 梅林千鶴

玄関 

Copyright(C) 2004 La-shiori.com. All Rights Reserved.